ストレスを上手く回避することで、病気になりにくくなる

フリーランスにとって体調が悪くなった時に一番困るのが、それによって仕事ができなくなってしまい、収入が減ってしまうことです。関係者にその事情を話して、支払を延期してもらうことができれば良いですが、ほとんどの場合はそれが不可能のことがほとんどです。

十分な蓄えがあれば別ですが、そうでないと医療費もかかり、さらに金銭的に苦しくなってしまいます。特に体調が悪くて医療機関を受診すると、精密検査を受けることがあります。すると、その費用はかなり高く、それも家計を圧迫してしまいます。これを考えると、やはりできるだけ医療費を抑える為にも、日々の健康管理は重要です。

病気になって得をすることは一つもありません。しかし、どんなに気を付けていても病気になってしまうことがあります。そのような場合は無理をせずに、病気を治しながら、日々の生活に戻っていくのが良いと思います。その場合、無理をすると再び体調を崩してしまいます。

なので、私の場合はこまめに疲労を回復しながら、やるべきことをやっていくようにしています。あとで休もうと思っていても、イレギュラーな用事が入ったり、思わぬストレスを受けてしまうことがあります。

人は急激にストレスがかかると動けなくなってしまうものです。そんな時は無理に何かをしようとするよりも、まずは横になったり、場合によっては寝てしまったほうが良いかもしれません。

先日、あるテレビドラマを観ていたら、「上手くいかない時は寝てしまう」というようなセリフを言っていました。他にも日記を書くことも、ストレス解消には効果的だと思います。自分の気持ちを書き出すことで、心の中がスッキリしますし、徐々に解決策が見えてきます。

無理に事を起こそうと思っても上手くは行かないものです。案外、身近なことがストレスになっていることも多く、そういう場合は上手に気分転換(現実逃避)をしたほうが上手くいきやすいと思います。

悩みがある時はどうしても考え方の視野が狭くなりがちです。しかし、気分転換を図ることで、少し離れた視点で物事を見ることができます。もしかしたらピンチはチャンスで、より良い結果になるかもしれません。私の場合、毎日のように突然ストレスがやってくることが多いので、いつもその対処法に追われているような気がします。

なので、いつも現実逃避をしているように思えますが、それが仕事と関わっているので救われている部分も多いのかもしれません。どんな経験も無駄にはならないと思いますが、できるだけ大きな失敗は避けたいものです。

そのためにも、日々自省をする時間を設けたいものです。自分を顧みて自分を知ることで、それが問題解決の一番の近道になるような気がします。